• イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

冬虫夏草とは?

冬虫夏草は、自然界では子嚢菌類バッカクキン科のキノコです。
自然界では、コウモリガの幼虫に寄生しています。
冬虫夏草は滋養食材として太古の昔から愛され続けてきました。

特に中国では、宮廷の間で不老不死や万病の薬と呼ばれ、
漢方や薬草として大変重宝されてきました。

昨今では急激なニーズの高まりにより価格が高騰しており、
また酸性雨などの環境破壊により収穫量が激減しています。
以上のことから最近では「幻のキノコ」と呼ばれています。

世界が震撼、中国の金メダル急増の背景に冬虫夏草

昨今、冬虫夏草がクローズアップされたのは、北京オリンピックです。
96年のアトランタ五輪では16個だった中国の金メダルが、北京五輪ではなんと51個もの金メダルを受賞しました。これはアメリカの36個を大きく上回る驚異的な数字です。

その背景には、選手に「不老不死」と「永遠の美貌」という不滅の欲望を満たしてくれるというチベットの冬虫夏草を手に入れてオリンピック選手を強化しようと取り組んだ成果です。12年間で3倍を超えた中国の金メダル獲得の背景に冬虫夏草があったということは、スポーツ界にとって衝撃的なことでした。

その後、チベット冬虫夏草は1kgあたり800万円と急激に高騰しました。
結果、中国では何らかの菌を蚕に注射しただけの「臭い」「汚い」「効かない」という偽物まがいの商品が溢れる事態にまで発展しました。

冬虫夏草について詳細を見る

宮崎の清らかな自然環境の中で冬虫夏草を栽培しています。

宮崎県産の冬虫夏草の最高級品を宮崎県産の桜木を使った木箱に詰めております。菌床(栄養ブロック)の中で自然の恵みをたっぷりと吸収し、発芽から3~4ヶ月を経て10センチまでに成長すると収穫を迎えます。

収穫された冬虫夏草は、選別・乾燥・粉砕を経てさまざまな商品へと生まれ変わります。収穫量の少ない貴重な部位を微粉末にし、使いやすいスティック個包装にしております。

自社栽培の生育風景を見る

昆虫がついていない冬虫夏草を生産しています。

ほぼ絶滅して天然のものが穫れなくなった現在、薬房や土産物売場で並んでいるのは、ほぼ全てが昆虫に菌を人工的に植え付けて発生させたものです。

当社の最新のバイオテクノロジーと衛生的環境を駆使して育まれる冬虫夏草は「驚くほど強力」「虫の臭いが全くしない」と、高い評価を得ています。

味としては、しいたけなどのキノコ類特有の旨味成分が凝縮されたようなとても美味な風味です。

冬虫夏草を栽培し、地産地消により地域住民の健康を高め、さらに地域の特産品とすることで、過疎地の地域経済の発展・雇用拡大を目指し平成26年1月に起業し、同年4月に栽培を開始しました。

今から20年近く前から健康に恵まれず、色々なことに頑張れない自分がいましたが、冬虫夏草に出会い、薬の量も減り、随分と元気になりました。冬虫夏草の事を大切に考える様になり、この仕事に真剣に取り組みたいと思っています。

                                            代表取締役 山﨑 浩

冬虫夏草 金印 1g×30包装入

宮崎県産の冬虫夏草粉末100%!冬虫夏草金印・・・冬虫夏草子実体粉末
栽培~製品化まですべて宮崎県で行っています。
豊かな自然環境で心をこめて育てました。
~1g入りのスティック30本入~
そのまま召し上がれますが、みそ汁に入れたり、ヨーグルトに混ぜたり
ジュースやスムージーに混ぜたりとお好みで召し上がっていただけます。
太古の昔から滋養食材として愛用されてきた冬虫夏草。
長く若々しく美しくを目指すあなたにおすすめです。

ふるさと納税サイト「さとふる」はこちら

販売価格 ¥20,000(税抜)
商品の詳細・ご購入はコチラ

冬虫夏草 銀印 1g×30包装入

宮崎県産冬虫夏草100% 冬虫夏草銀印・・・冬虫夏草粉末
~1g入りスティック30本~
宮崎県で栽培~製品化まで行っています。
豊かな自然環境の中で育った冬虫夏草を是非お試しください。
~冬虫夏草パワー~
1990年代に中国の「馬軍団」が世界陸上選手権大会で、世界記録を
次々と塗り替える驚異的な活躍を見せました。その恐るべきパワーの
秘密が愛飲していた「冬虫夏草入りドリンク」だったのです。

販売価格 ¥8,000(税抜)
商品の詳細・ご購入はコチラ

冬虫夏草ゴールド

販売価格:20,000円(税抜)

https://www.satofull.jp/ふるさと納税サイト「さとふる」はこちら

商品詳細・ご購入はコチラ

冬虫夏草レギュラー

販売価格:8,000円(税抜)

商品詳細・ご購入はコチラ

スタッフブログ&お客様の喜びの声もっと読む

  • 2017.05.22

  • 2017.01.24冬虫夏草が日々成長しています。

    栽培を始めて1ヶ月が過ぎました。全国的に積雪で寒い日が続いていますが、ありがたいことに宮崎市は氷点下になる日は殆どありません。 栽培所も室内温度…

  • 2017.01.19冬虫夏草入り金の番茶詰め合わせが「秘書…

    金の番茶は「熟成三年番茶」と「冬虫夏草」のコラボ商品です。   秘書の方のご意見が掲載されています。下記のサイトをご覧ください。   こちら秘書室 …

  • 2016.12.22栽培が始まりました。

    2016年12月21日 冬虫夏草の秋栽培が始まりました。 菌床を栽培棚に配置。これから暖かくなる春までじっくり丁寧に育てていきます。 窓越しの柔らかな日差…